最近の記事
最近の記事
担当スタッフ

STAFF COLUMN スタッフの日常のあれこれを綴ります。

2016年10月27日
知多サイクリング

はじめまして。
スタッフコラムデビューとなります、平井です。
どうぞ宜しくお願い致します。


先日、知多サイクリングを企画し、
社内のスタッフと外部の方々も交え、
合計9人でのサイクリングとなりました。

その日は天候にも恵まれて絶好のサイクリング日和でした。
知多サイクリングとは知多半島を一周し、
途中で魚太郎さんでBBQをするといった内容で、
知多半島一周の走行距離は約80キロでした。

私は以前から通学・通勤でロードバイクに乗っていましたが、
あくまでも移動手段の一つと捉えていたので、
大勢でサイクリングに行くのが実質今回が初めてだったのと、
走行距離が80キロという事で皆さんのスピードと体力に付いていけるか不安でしたが、
何とか皆さんの後を追いながらも付いていく事が出来ました。

途中でパワースポットに寄ったりと休憩をこまめに取りながら無事魚太郎さんへ到着。
ロケーションも良く新鮮な魚介類や肉を沢山食べ皆さんと交流を深める事が出来ました。

帰りのコースは途中登り坂だったので少しキツかったです。
体力をもっと付けないと駄目だなと痛感しました。

そして特に大きなトラブルも無く無事ゴール。
最後のコーヒー一杯が最高でした。

今回サイクリングに参加させて頂いて、
サイクリングの楽しさやノウハウなどを知る事が出来たので参加して良かったです。
また、ウェアなどまだ持っていないアイテムも多い為、
徐々に集めたら今後は個人的にどこか行ってみようかと思います。

どこかオススメのコースなどあれば教えて頂けると幸いです。






マーケティング部 / 平井

2016年10月24日
ドライバッグでプール通い

皆さんこんにちは。

最近は急に涼しくなったと思ったら、次の日には20度後半の暖かくなったりと
気候が安定しませんね。
体調など崩されていないでしょうか?

私というと、少し風邪気味が続いています。
この時期の風邪は症状が軽い割に、長続きして困ります。
また一度家族の誰かが風邪をひくと、決まって全員に回ってしまいます。

そんな時期でも、今年3歳を迎える娘は毎週元気にスイミングに通っています。
水も怖がらず楽しそうでなにより。
そんな彼女のプールバッグがこちら

ドライバッグ ウィンドウ付き

当初は私が気に入って購入したものだったのですが、
使っているプールバッグがショルダーバッグタイプで
まだ背も小さくストラップが長く、いかにも使いにくそうだったので、
いっそ持ち手も何もない方がいいのではと思い、なんとなく渡したところ
今ではこれを抱えて通ってくれるようになりました。

バッグの一部が透明なので、外から中が見やすいというセールスポイントのこのバッグは
実は広い面から光が入るので、中をのぞいても明るくゴーグルや帽子など小さな荷物まで
しっかり確認でき、忘れ物も防げます。

これからもこれを使って元気に通い続けてほしいです。

セールス&マーケティング 大磯

 

2016年10月20日
でらチャリ

残暑が抜けたのか朝晩はめっきり涼しさを感じるようになってきました。
あちらこちらの木には秋の味覚が実る頃でちょっとご近所を見回しても、
どんぐりに銀杏、それぞれにお好きなものがたわわに実ります。
また、金木犀の香りが辺りに漂ってくるのもそろそろでしょうか。
あの香りを嗅ぎますと、あぁ秋だな。そろそろ冬の話もあちこちから聞こえてくるのだなと思いますね。

そんな気持ちいい秋空の日に栄を歩いていたら、見慣れない自転車置き場を発見しました。
何だろうと思って近づいてみると今月からスタートした「でらチャリ」というシェアサイクルでした。



スマートフォンや交通系のICカード等で利用できるとの事。
ステーションの数は、3カ所で栄ステーション、ナディアパークステーション、矢場町ステーションです。
ステーションの数が少ないので栄、大須辺りにて買い物等に利用するのがいいのかなと思いました。
現在、開催中の愛知トリエンナーレを巡るにもいいかもしれませんね。

まだ始まったばかりなので今後どんな展開になるのか楽しみです。
栄周辺にてレンタルサイクルを利用したい方には、朗報ではないのでしょうか。

物流部/山内

2016年10月18日
将来のために。

10月も中盤。2016年もあと2ヶ月ちょっとになりました。

10月に入ってから晴れの日が少しずつ増えていますが、
9月は晴れの日が少なく、思うように外に出ることができなかった人も多いはず。
また、朝晩は冷え込みが激しくなってきましたね。
私は今の季節がチャンスだと思っているので、ここ最近、ランニングを再スタートしました!
体を動かせば丁度いい感じに体が温まってきますしね!
冷え込みが激しくなる前にたくさん体を動かしておきましょう♪

さてつい先日、ニュースを観ていたら”パリ協定”という言葉が耳に入ってきました。
パリ協定とは2015年に締結された、気候変動抑制に関する多国間の国際的な協定です。

2020年以降の地球温暖化対策を定めたもので、
内容としては「世界の平均気温上昇を2度(1.5度)未満に抑える」というもの。
世界全体で今世紀後半には、人間活動による温室効果ガス排出量を実質的にゼロにしていく方向で、
そのために全ての国が、排出量削減目標をつくり、行動、達成を義務付けされました。

気候変動による被害は、確実に世界中で広まっています。
干ばつ、異常気象、海面水位の上昇、生物の絶滅などが挙げられます。
私も身近で感じているのが、異常気象と海面上昇。
年々、洪水やゲリラ豪雨など異常気象のニュースを聞く機会が増えました。
また私の趣味がサーフィンということもあり、海面水位の上昇はすごく感じています。
約20年、日本の海を見ていますが、昔と今では全く変わってきています。

少しの力ではありますが、これからの地球を守るために私もできることからやっていきたいと思います!
リフィルできる商品を使ったり、買い物袋を貰わなかったり、
自転車・電車移動を増やすなど小さなことかコツコツと実施していきますよ!

明るい未来へ、良い環境をつくれるようにみんなで力を合わせて頑張っていきたいです!

 

営業部/ 加藤

2016年10月13日
帰省

 雨ばかり降り続いた天候もひと段落し、10月に入って秋らしくなってきました。
私は先日、実家へと帰省したのですが歩いていて暑からず寒からず、まさに行楽シーズン到来といったところでしょうか。

ub

その帰省時にもっていたバッグがORTLIEBコミューターデイパックです。
容量的にはヴェロシティにはやや及ばないもののそのぶん軽く、普段使いにも違和感のない落ち着いた色とデザインです。
私が特に気に入っているのがタブレットや小型のノートPCを収納できるスリーブが標準装備されているところです。
気軽にノートPCを持ち運ぶことができます。
こちらのアーバンラインシリーズが人気で社内にも私を含め3人の使用者がいます…

さて、実家最寄りの駅で撮ったこの一枚から場所を推理してみてください。
え?簡単すぎますよね。

mrk

物流部/上口

 

2016年10月10日
秋の夜長に

先の台風が過ぎてから、一段と気温が低くなり、
汗ばむことなく快適にサイクリングを楽しめるシーズンの到来です。
とはいうものの季節の変わり目なので風邪などひかぬよう秋を満喫しましょう!

さて、先週10月4・5日と、かねてより準備を進めていた、
「2017新製品展示会(お取引先様向け)」(東京)には、
空模様がすぐれないなか、たくさんのお客様にご来場頂くことができました。
まずは、この場をお借りして厚くお礼申し上げます。

話は変わって、ユーザーの皆様は愛車を”カスタム”していますか?
タイヤを交換したり、ライトを取り付けるなど
多少なりともイジっておられる方が多いと思います。
「このパーツを自分の自転車に取り付けたらどうなるだろう?」とイメージをふくらませ、
試行錯誤の末うまく取り付けられたときや・カスタム前との性能のちがいを感じたときの感動は、
”乗る”ことと同じくらいワクワクするものだと思います。
さまざまな楽しみ方ができるのも自転車の魅力ですよね。

画像は25年ほど前の自転車をSKS「レンコンプレッサー」をイメージしてリメイクしたデモバイク。
秋の夜長に”つぎはどこをイジろうか?”とあれこれ妄想に耽るのも楽しいものです♪



マーケティング部/寺尾

2016年10月06日
夏の思い出!!海と夜景と、いつもの備品!?

皆様〜!!今年は秋口にかけて台風がとても、とても多いですね。
雨や風がとても強く、どんな天候の時でも自転車通勤しているのですが、心が折れそうになる事も(涙)
甚大な被害が出ている地域も有ると聞きます。天気予報はまめにチェックし、くれぐれも安全第一で
ライドを楽しみたいですね。

さて、暑かったあの夏。つい最近まで半袖・短パンで過ごしていたのに、もう日が沈むと寒い位ですね。
皆様はどのように過ごされましたでしょうか。ご家族で、友人同士で、はたまたカップルで。
比較的、天候が安定していた事もあり、沢山お出掛けされた方、はたまたインドアでエアコンとお友達だった方(笑)
日が沈むまでは、よく冷えた部屋で過ごしたりと(実家に帰省していた時の私です)様々だと思います。





でもやっぱり外が恋しいので、涼しい内に愛車を洗車してみたり。ボロいんですが、愛着があるんです。





懐かしい看板を見つけて浸って走っていたら、長久手の裏山で迷子になりかけたり。





綺麗な観覧車につられて走っていたら、車でも来た事が無い某ハイウェイオアシスまで来てしまったり(汗)
海が見たくなって、常滑から帰る途中に発見!!物流部門でもお世話になっている備品の発送拠点などなど。

後日、いつも配達に来てくれる担当の方と少しお話しをしました。えらい遠くまで自転車で行くんですね、
と笑われてしまいましたが。最近は拠点が増えて、その間の移動も大変なんだとか。
その時、昔の事を思い出しました。自転車は昔から好きで乗っていましたが、ブランドには無頓着だった自分の事を。

ある日、自転車で国道302線を流して走っていると、交差点にある倉庫の壁には大きな"g"の文字が。
遠くからではありましたが、自転車のパーツが所狭しと並んでいるのが見えました。
気になってホームページを見たものの、取り扱いブランドがさっぱりわからない…この業界で働きたい気持ちは
有ったのですが、当時は断念したのを覚えています。

そして時は過ぎ、私は弊社で働いています。タイヤはシュワルベ、マッドガードはSKS、バックパックはオルトリーブと
それぞれ好きなアイテムを使っています。物流部門もより広い場所へ移転し、スタッフの人数も増えました。
私の定番が、まだ使った事の無い方の定番になるように。まずは、日々の業務を確実に行いながら、そのお手伝いが
出来ればより幸いです。

食欲の秋、スポーツの秋、自転車の秋!!沢山自転車に乗れば、ごはんもビールも美味しいです(笑)カロリーも消費しますから!!
この素敵な季節を、皆様も楽しんで下さいね。

物流部/岡本

2016年10月03日
いい季節!

皆様こんにちわ!
10月にも入り、夏に比べ少しづつではありますが、涼しくなってきましたね。

先月からは例年に比べ、台風も多くなかなか晴天の日も少なく、
日照時間も平年比に比べ約50%ほどになっているようです。
雨が降ると基本インドアになってしまうので、早く晴れになってくれないかなーと思うこの頃です。
昨日は朝だけ、晴れていたため、久しぶりに外に走りに行くことができましたが、
とても走りやすくとてもリフレッシュできた1日でした。

秋になるにつれ、日没時間も早くなるため、早めのライトの点灯を行い、
安全なサイクルライフを過ごしていってくださいね!

営業部:魚住

2016年09月30日
雨が楽しみになる?

みなさんこんにちは。営業部の鈴木です。

最近不安定な天気が続いて野外でのアクティビティを行う際も常に天気を気にしていないといけないですね。

自転車のレースやトレランイベントなどが盛んなこの時期にとっては天敵ですもんね。

もちろん私生活においてもゲリラ豪雨などで荷物がずぶ濡れになってしまう事も多々あります。

出張の多い私は常にキャリーケースの中身が濡れないようにドライバッグをフル活用しています!トレッキングバッグのパッキング時と同じようにこのサイズのこのカラーにはこれを入れる、とあらかじめ決めておくことで荷造りの時間も大幅に短縮できるようになり、

無駄なものを持ち歩かなくなりました。

キャリーケースが防水であれば中身の状態を気にすることも無いですが、多くの方がそうではないですよね。

キャリーケース自体にビニール袋をかぶせていたりしているのを見ていると、

「ドライバッグに荷物をまとめたらこんなに安心なのになぁ・・・。教えてあげたいなぁ・・・。」

などと思いながら道行く人を眺めることもしばしば。

自転車のシーンでもサイクルジャージのポケットにも入るサイズもあるのでサイクリング時に濡らしたくない財布やモバイルなどを入れるのにも大活躍しています!

今ではすっかりドライバッグ中毒状態です!(笑)

これを見て共感していただけたのであれば次のお休みにはドライバッグ探しへくり出してみませんか!ちょっとだけ雨の日が楽しみになるかも・・・。

オールマイティーに活用できるアイテムを皆さんに常にお伝えしたいと日々思い続けている鈴木でした。

営業部/鈴木

2016年09月26日
ガラパゴス

こんにちは。

「ガラパゴス化」という言葉は良く聞かれるようになりましたが、
日本の自転車業界でも「ガラパゴス化」を感じる方も少なくないのではないでしょうか。

特に最新のトピックでは、ヨーロッパ市場でのE-BIKE市場の高まりが挙げられます。
こちらのユーロバイク2016のレポートでもありますが、ここにはヨーロッパ市場と日本市場の大きな違いが見て取れます。
http://g-style.ne.jp/news.php?id=225 
完成車だけでなく、バッテリーを収納するよう設計されたラック、重量・スピードに対応するためのタイヤ、
豊富な電力を活用するライト等、アクセサリー類もE-BIKE市場向け製品が多く発表されました。

一方日本では、違いがあるとは言っても、シティサイクルタイプの電動アシスト車は市場に浸透し続けているようです。
スポーツタイプの電動アシスト車も、初年度1000台という目標を達成したという記事もありました。
電動アシスト車と欧米のE-BIKE、コンセプトに多少の違いはあれど、
新しい技術が市場をリードすることは望ましいことに変わりはありません。
むしろ、欧米のトレンドに刺激を受けて、
海外からも注目される日本独自の「進化」を遂げることが出来るかどうか、非常に興味深いと思います。

(写真はガラパゴス諸島で独自の進化を遂げたイグアナです)

貿易部 / 川原