最近の記事
最近の記事
担当スタッフ

STAFF COLUMN スタッフの日常のあれこれを綴ります。

  • 全10件中1~10件
2022年07月02日
猛暑続き

こんにちは。
貿易部の大池です。

毎日暑い日が続きますね。
今週の名古屋は38度が続き、ついに昨日は40度に達したようです。
6月末でこんな暑さだと、7月8月はいったいどうなるのでしょうか。

この暑さで一日の中で1番苦なのが通勤です。
最寄りの駅まで歩き、そこから満員電車。
最近の必須アイテムは、日傘に冷感シート、タオルに冷感スプレー。
そして1番活躍してくれているのが、小さい扇風機!
以前から特に高校生が持っていたのは知っていましたが、私も今年からデビューです。

ただ、電車の中は冷房がガンガン効きすぎてて寒い。そして駅から会社まではまた暑い。
社内の冷房で再び北極状態。
この温度の変化で1日のエネルギーの多くを持っていかれます。

体調には十分気を付けていきたいです。


写真は先週末雨が上がった時に出た虹です!二つ出てるの見えますか?

 

週末はきっと姪っ子ちゃんたちと庭でプールです。
おばちゃんがんばります。

大池

2022年05月12日
ドイツ語の面白さ

こんにちは。
貿易部の大池です。

今日はドイツ語の面白さについて紹介させてください。
ドイツ語を学ぶのは難しいとよく言われますが、
個人的にはパズルのようで面白い言語だなと思っています。

例えば「Kühlschrank」という単語。
実は二つの単語が組み合わさって一つの単語になっています。

Kühlは「冷たい」という意味で、Schrankは「戸棚」。
二つを合わせると「冷たい戸棚」になります。さて、何が想像できますか?

正解は冷蔵庫です!

ドイツ語は連想ゲームみたいになっている単語が多く、
面白いです。イマジネーションが大切ですね。
皆様もいかがでしょうか!

ちなみに、数の数え方は本当に独特です。
英語も日本語も左から読みますよね。たとえば26だったら20と6なので「にじゅうろく」。
しかしドイツ語は右から読むんです。26の場合、6を言って、その後に20を言います。
友人からフランス語はもっと複雑だという話を聞きました。ちょっと調べてみたいと思います。

貿易部/大池

2022年03月21日
ドイツのお花見

こんにちは。
貿易部の大池です。

暖かくなったり、寒くなったり、変な天気が続きていますが、
名古屋ではそろそろ桜が見ごろになりそうでしょうか。
先々週は梅の花が咲いているのに気づきました。

 

桜といえば日本といわれるほど、有名なものですが、ドイツでも桜がみられるようです。
それはBonnという小さい町(ベートーヴェンが生まれた町)にがあります。
ヨーロッパの街並みに桜がぎっしり。
とっても幻想的な桜並木の光景ですよ。

あえてここで写真は出しませんが、機会があれば是非!
いつもと違ったお花見ができるのではないでしょうか!

大池

2022年01月31日
ドイツのカーニバル

こんにちは
貿易部の大池です。

明日から2月ですね。
2月のイベントといえば私はドイツ、ケルンで毎年行われるカーニバルを思い出します。
1週間くらい行われますが、町中に仮装した人が世界中から集まり、
パレードやコンサート等、色々催し物が開催され、カオスな日々となっています。

ほとんどの人が手の込んだ仮装をしており、お酒を飲み、笑い、踊り、歌い。。

パレードがある日は、パフォーマーからチョコレートやキャンディーなどが降ってきます。
大人も子供も関係なく、取り合うので、とても面白いですよ。
大人げない私も、たくさん取りました。

なんだこの日本人。と思われていたと思いますが、関係ないです。

残念ながら、コロナが始まって以来、開催されていないようですが、
落ち着いて、いけるようになったら是非一日だけでも参加してみてください。

貿易部/大池

2021年12月06日
冬はどこへ

皆様こんにちは。
貿易部の大池です。

街中はクリスマスモードですが、山間はまだ紅葉が残っているようですね。
私は先日家族で琵琶湖へ行ってきました。
紅葉で有名なお寺を巡り、抹茶を飲み、いいデトックスになったと思います。
観光客もあまりなく、1日目はスムーズでしたが、2日目は渋滞にはまってしまいました。
特にメタセコイヤ並木の渋滞はひどく、抜かしていくツーリストを横にどんなものを装備しているのか気になりつつ、
彼らがずんずん進んで行くのをみると、こういう時は車よりも自転車の方がいいなあと感じました。



名古屋は今週少し暖かくなると聞きました。
ここら辺は秋が続き、雪も降らず、冬がスキップされそうな勢いですが、12月も頑張っていきます!

貿易部/大池

2021年10月19日
13ユーロのラーメン

こんにちは。貿易部の大池です。

昨日から突然寒くなりましたね。
先週まで昼間は30度近くありましたが、今週は冷え込むようで。
皆さん暖かくしてお過ごしください。

週末、我が家でも寒いからということで、お昼はラーメン、夜はシチューでした。


ラーメンといえば、忘れられないドイツで食べたあの激高ラーメン。

どうしても日本のラーメンが食べたくなり立ち寄った日本食屋さん。
唐揚げ付で13€のラーメン。(日本円:1500-1600円)
高すぎかと思いますが、ヨーロッパでは大抵このくらいの値段になるようです。
とても美味しいラーメンでだったのでペロリ。

ラーメンが食べられる店はたくさんないので、本当に生き返るってこういうことかという気持ちでした。
ただ大きな出費でしたね。笑

ドイツで日本食屋さんがたくさんあるのはデュッセルドルフです!機会あるときは是非お立ち寄りください。

大池

2021年08月30日
バジルとベンジャミン

こんにちは。貿易部の大池です。

みなさんいかがお過ごしでしょうか。
今月は雨の日が続くと思えば先週は暑い日が名古屋では続き、
非常に気温差の激しい毎日を送っています。

我が家ではバジルを庭で栽培しているのですが、この雨と日差しの繰り返しで
ボーボーに生えてしまい、収穫に困っております。



摘んでも摘んでも生え続け、生命力のすごさを日々感じます。バジルのほかに、しし唐も豊作でした。
一方でトマトとオクラは今年は残念賞でした。
秋は何を植えようかな。まだ考え中です。
家庭菜園のほかに最近の出来事といえば、幼虫だったカブトムシが成虫になりペットとして飼い始めたことです。

名前はベンジャミンです。
おじいちゃんのようなシワシワの状態で生まれたので、
映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」にちなんで、ベンジャミンと名付けました。



噂ではひと夏の命と聞いていますが、どんどん若く元気に成長してくれるよう、日々世話をしています。

9月に入っても暑い日が続きます。
みなさんお体に気を付けてお過ごしください。

大池

2021年07月08日
そうだったんだ!!

こんにちは!貿易部の大池です。
今日はドイツ語から日本語になった言葉をいくつかご紹介させていただきます!



1.Baumkuchen/バウムクーヘン

これはもうみなさんおなじみのお菓子ですよね。
Baumは日本語で「木」、kuchenは「ケーキ」を意味しています。
確かに木を切った時の模様はバウムクーヘンみたいですよね。

実はドイツでは、特別な時に食べるくらいで、
日本のようにそれほど身近に感じるようなお菓子ではありません。
現地の方にどうしてもバウムクーヘンを買って帰りたいと話したところ、
なぜバウムクーヘン?というような反応が返ってきたのを思い出しました。

2. Arbeit/アルバイト

これはすでにご存じの方もいるのではないでしょうか。
日本ではアルバイトはショートタイムで仕事をするこですよね。
しかしドイツ語のArbeitは動詞で「働く」、
英語でいうとto workを意味しています。
関連性はあっても、使い方は少し違いますね。

3.Ach so/あっそう

これはドイツ語から日本語になった言葉ではなく、
偶然にも同じ使い方だった言葉です。
私たちはでは「ああ(あら)、そうですか」をくだけて
「あっそう」と表現していますが、
ドイツ人も同じような使い方をします。

まさかこの言葉が偶然に同じ発音、意味とは、びっくりですよね。
言語は本当に面白い!
いつか機会があれば是非使ってみてください!

貿易部/大池

2021年05月17日
家族でお散歩

こんにちは。
貿易部の大池です。

先日、扶桑から犬山にかけてある川沿いの道を家族で散歩をしました。
4キロをゆっくりみんなでテクテク。
昔と比べるとだいぶ道も舗装されており、
この日は天気もちょうど良かったのでよい運動になりました。
いつか、コロナを気にせずに散歩やサイクリングを楽しめたらいいですね。

愛知県も梅雨入りしたということで、これから蒸し暑い日々が続きますが、
水分をしっかりとってこの夏を乗り切りましょう!



貿易部/大池

2021年03月22日
第一弾:アルプスへ!

皆さん。はじめまして。
スタッフコラムデビューの貿易部、大池です。

貿易部ということで、海外のことも含め発信していければと思っています!
第一弾は私のお気に入りのサイクリングロードのご紹介です!
こちらの写真は西オーストリア滞在中に撮った一枚。


周りにはアルプス山脈。
天気が良いときれいに遠くの山まで見ることができます。
川はアルプスの雪解け水が流れているので、とってもきれいです。



ベンチもたくさんあったので、
ここでおにぎりがあったら完璧なのになあと思いながら走っていたのを覚えています。

中には自転車でドイツから、アルプスを越えてイタリアまで行く方もいるみたいです!
今はコロナで渡航が難しいですが、今後機会があれば是非アルプスへ!
おすすめです!

貿易部/大池