最近の記事
最近の記事
担当スタッフ

STAFF COLUMN スタッフの日常のあれこれを綴ります。

  • 全9件中1~9件
2021年04月29日
マラソン大会無事完走しました!

こんにちは、加藤です。

前回からの続き…
3月14日開催された「名古屋シティマラソン2021」に出場、無事に完走いたしました!
大会当日は晴天で天気は良かったのですが「風」に邪魔をされたレースでした。
約1年間練習していた事もあり序盤は快調に走れていたのですが、
12キロぐらいから北風の影響と足の攣りがはじまりペースダウン。
なんとかゴールまで持ち堪えましたが、また課題が残るものとなりました。
また来年も開催されたら参加したいと思います!ランニング続けていきます!

今日からゴールデンウィークが始まった方もいると思います。
私たちも5月1〜5日までお休みを頂いております。
今年も緊急事態宣言下でまた動き辛いゴールデンウィークになっておりますが、
もし外出される場合は、感染予防と事故に十分に注意して下さい。
いつも同じ言葉を言っていそうですが、
早く普段の生活が戻れるように頑張っていきましょう!

営業部/ 加藤

2021年04月26日
ネーミングライツ

 昨年のこの時期ですと開幕の延期があってまだ開催されていなかったのですが、
今年は何とか通常開催にこぎつけたということでいってきましたプロ野球観戦。

さらに今年からおひざ元のナゴヤドームが地元企業興和が命名権を購入したということで
バンテリンドームナゴヤへと名称が変更されました。
でも最寄りの地下鉄駅はいまだナゴヤドーム前矢田駅ということでややこしいことではありますが。

相変わらずのソーシャルディスタンス確保、感染拡大防止ということで
上限人数の決まった観客数でしたが今年初めの感染は楽しく盛り上がりました。
無観客よりはましだとしても今の収容人数だとやればやるだけ赤字になりそうなのですが
そこらへんは大丈夫なんでしょうかね。。。
この分野に限った話ではないのですが、入場料が大きなものを占めると思われる
スポーツエンタメ業界へのダメージは相当なものだと推察されます。
なんとか今年中、一刻でも早くに終息してくれるよう一ファンとしても願うばかりです。

まんえん防止や緊急事態宣言などまだまだどうなるかわからない状況ですが
シーズンを無事に終えてほしいものですね。

バンテリン

物流部/上口

2021年04月22日
メンテナンス初挑戦

桜の季節を過ぎたら一気に春めいてきました。
今日の名古屋は28度!と季節先取りの気温です。
寒暖差の大きな季節でもあるので体調には気を付けたいですね。

さて、この春からの通学のために使う自転車を組み立てているなかで、
最後まで懸案だったディスクブレーキの不具合解消をめざして、
”ブリーディング”に初チャレンジしてみました。
自転車に不可欠なオイルはいろいろありますが、
ブレーキフルードはさわるのも初めて。

1回目はエアーが入ってしまい失敗。
再度のチャレンジでうまく機能を回復することができました。
やってみれば何とかなるもので、よい経験になりました。
メンテナンスやパーツを交換すると自転車の調子もよくなり、
気分もアガること間違いなし!

本格的シーズンにむけて愛車の点検をされてはいかがでしょうか!



カスタマーサービス/寺尾

2021年04月19日
プチカスタム

皆さんこんにちは、4月も中盤に入り気温も暖かくなってきましたね。
3月頃からは花粉症に悩まされる日々が続いていましたが、
ようやく落ち着いてきたところです。

春になり、所有している自転車も何か変えたい衝動に駆られているこの頃です。
つい最近では、数年所有しているフルサスMTBのパーツを新しいパーツに変えたりと、
自転車をカスタムすることにはまっております。

シュワルベのMTBタイヤも新作タイヤ入荷してきており、
今つけているタイヤもまだ減ってはいませんが、
新しいタイヤもサイズを変えてみたりと楽しんでいます。
皆さんも、所有している自転車をカスタムしてみませんか!



営業部:魚住

2021年04月15日
春のサイクリング

こんにちは。最近たまに寒く感じたり暑かったりまだ寒暖差に気をつけなければいけないですが
天気がいいとやっぱり外に出で体を動かしたくなります。
花粉症が辛い方にとっては大変かと思います。私はもともと花粉症でしたが、
まだ免疫力がないので花粉症にはなっておりません。良いのか悪いのか…

先日天気が良く少しだけサイクリングに出かけました。近くの川沿いをゆっくりと。
今回はマウンテンバイクで。26インチの街乗り仕様ですが、
タイヤが太いのである程度の道ならお構いなくガンガンいけちゃいます。
ロードバイクからたまにマウンテンバイクに乗ると楽ちんに思えます。
ロードバイクですと早く走らなきゃって思うんですがマウンテンバイクだとゆっくりでも気が楽です。
道や段差も気にならないですしね。
いつかまた山道を走りたいですし、泥だらけになって遊びたい。
汚れると自転車が喜びますよね。
体力つけて色んな所に行けるようになったらいいな。



物流部/今屋敷

2021年04月12日
自転車デビュー

皆さまこんにちは。

新年度を迎え、周りの環境が変わり新たな生活が
始まる方も多いのではないでしょうか。
朝夕と日中の寒暖差が激しいので、体調を崩さないようにお気を付けください。

さて、新しい生活といえば、先日娘が自転車デビューをいたしました。

三輪車からのステップアップだったので、‘漕ぐ‘ことに抵抗はなく順調な滑り出しのようです。
まだ、力がなくすぐにもう乗らないと飽き性なところはありますが、
これからどんどん乗れるようになり、まずは自転車を好きになってもらいたいもので、
いつか補助輪も外れて、一人で乗れるようになったら、
一緒にいろいろなところに行ければなと願っております。

今週末4/17.18には近所のイオンにて、東海エリア最大の自転車イベント、
NAGOYA Cycle Sports Daysが開催されるので娘と参加してみようかと思います。
最新モデルの「展示」・特設コースでの「試乗」・ショップブースでの「お買い物」、
自治体ブースによる「自転車イベント・観光PR」など内容盛りだくさんのようですよ。
皆さまも今週末の計画に加えてみてはいかがでしょうか?

 

マーケティング部 / 秋葉

2021年04月08日
春を迎えられた

皆さんこんにちは。営業の鈴木です。
桜の木も葉桜へと姿を変えて陽気な季節になってまいりました。

わたしは、今年から小学生になる息子を入学までに自転車が乗れるようにするというミッションを
桜の花びらが残る入学ギリギリでクリアし、何とか彼も気持ちよく入学することができました。
自分が乗れるようになったのはいくつの時でどのタイミングだったかは全く記憶にありませんが
母親が一生懸命教えてくれた事は今でも記憶に残っています。

彼がいつか父親になって子供に教えるときに私と泣きながら練習をした事を思い出してくれたら
嬉しいなと思います。

これからどんどん成長して一緒に遠くへサイクリングに行けるのが楽しみです。

 

営業部/鈴木(貴)

2021年04月05日
ウォータージャグ

最近はファミリーキャンプもやりながら、
ソロキャンプにも精を出している岡田です。
自分のスタイルに合わせてギアを選んだり、
試行錯誤するのは楽しいですよね

ところで皆さんウォータージャグはお使いでしょうか?
炊事場が近いサイトなら必要ないかもしれませんが、場所によって遠いと不便ですよね
その点ウォータージャグがあると手をさっと洗ったり拭いたり、
水を飲んだり汲んだりするには非常に便利です。
ファミリーでオートサイトなんかを利用する場合は、
ポリタンクやステンレスなどのしっかりしたものを私も使っているのですが
ソロなどでは極力、荷物を軽くしたいですよね

そこで新しく購入したのは「ORTLIEBのウォーターサック 10L」です。
置いて使用するものでは無いので、ポールかなんかにランタンハンガー等で引っ掛けて使用します。
そうする事で台も要らなくなりますし、更に荷物が減らせます。

使用に関しては、口部がガバっと広く開くので水も入れやすく、
濡らしたくない荷物を入れたりも出来るので多用性にも優れています。
一番のお気に入り点は広く開く口部のおかげで、
中の水も残さず取り除け洗う事ができ天日干しが出来ます。
中を清潔に出来るので飲み水も常備出来ます。
それとロールクロージャータイプの為、水の量によって大きさを調整できるのも魅力です。
別売りのシャワーバルブを付ければ携帯シャワーとしても使えます。
あとは何といっても携帯性。
クルクルと丸めれるのでバックの隙間に入れても邪魔になりません。
私のキャンプギアの中でも買って良かったシリーズになりました。
皆さんもお一つどうでしょうか


物流部/岡田

2021年04月01日
楽しみな時間

最近めっきりキャンプにハマっている小栗です。普段の生活では何ともないのですが、
山の中に入ってしばらするとクシャミが止まらなくなってくるので花粉症の疑いが出ています。

キャンプ中は本を読んだりお散歩しながら景色を眺めたり
コットで横になりながら静かな時間を過ごしたりしているのですが、
やっぱり醍醐味は焚き火の時間。暖を取ったり調理に使用したり炎を見ながら考え事してみたり、
特に冬場には欠かせない時間だと思っています。

薪の持ち運びに使用しているのが「オルトリーブ フォールディングボウル 20L」
30cm前後の薪、焚き火トング、火吹き棒、ナイフ等、焚き火道具がまとめられ、
濡れた地面でも薪が湿る心配もありません。

最近は雨の中のキャンプが続いており完全防水のオルトリーブには何かと助けられており、
新しい商品の購入を考えるのも楽しみの時間の一つになっています。



営業部/小栗