PICK UP PRODUCTS おすすめ商品

最新の記事
テーマ
月別

2013年08月27日

メディア掲載情報

FUNRIDE
http://funride.jp/renewal/index.shtml

10月号P49「輪行ツーリングにはこのバックパックがちょうどイイ」コーナーにてevocのCC16Lをご紹介頂いています。

2013年08月08日

ブランドニュース

racktime「Snapit-System」の動画を追加しました!
http://www.g-style.ne.jp/brand_movie.php?brand_id=24

Snapit-Systemが詳しく分かる動画です。ぜひご覧ください。

2013年07月24日

メディア掲載情報

BICYCLE NAVI
http://www.bicycle-navi.net/

9月号P47「取り外し可能な”大容量”自転車バッグ・カタログ」にて、ORTLIBEのシートポストバッグをはじめ多くの商品をご紹介頂いています。

2013年07月19日

メディア掲載情報

自転車人 32号
http://www.yamakei.co.jp/products/2813907124.html

本誌「しまなみ海道ツーリングルポ02」特集にてORTLIEBのバックローラークラシックをご紹介頂いています。

2013年07月10日

メディア掲載情報

BICYCLE PLUS vol.10
http://www.ei-publishing.co.jp/bicycle/plus/

「自転車旅ウエア旅道具」コーナーにてORTLIEB「アルティメイト6Mクラシック」「バックローラークラシックデザイン」をご紹介頂いています。

2013年07月09日

サイト更新情報

GORE BIKE WEAR®ページに新着動画を3本掲載しました!
http://g-style.ne.jp/brand_movie.php?brand_id=22

Spring/Summer13モデル「Road」「MTB」「Collection」の動画です!GORE BIKE WEAR®の世界観を是非ご覧ください!

2013年07月05日

ブランドニュース

GORE BIKE WEAR® 2014 Spring / Summer

7月初旬、GORE BIKE WEAR®を販売していただくショップ様をお招きして
「GORE BIKE WEAR®2014年春夏コレクション」を行いました。

今年の春から国内販売をスタートしたGORE BIKE WEAR®は、お陰様で認知も広がり、
その固有の機能性やデザイン性を支持されつつあります。
本国ドイツや欧米市場では、その人気は確かなもので、
日本においてもいつかそうなって欲しい…と願いを込めて、私たちはショップ様へお伝えしました!

2014年春夏モデルも特長のある展開となっており、
来場された皆様は、実際に羽織って感触を確かめたり、細部まで注意深く見入ったり、
商品を説明する私たちにとっても、手ごたえを感じる有意義な内見会となりました!

皆様へのお披露目は、11月2日(土)から幕張メッセで行われるhttp://www.cyclemode.net/" target="_blank">「CYCLE MODE International 2013」を予定しておりますので
是非会場にお越しいただき、その固有の機能性・デザイン性をお確かめください!
私たちも皆様にお会いできることを楽しみにしております!

  • 東京会場入口の様子
  • 会場内のカラーは「黒」!

2013年06月26日

メディア掲載情報

RANDONNEUR[ランドヌール] vol3
http://graphicsha.co.jp/shosai.php?snumber3=1320

「ブルベ装備大全」コーナーにSchmidtのSON delux・SON 28・E deluxをはじめ多くの商品をご紹介頂いています。

2013年06月18日

ブランドニュース

シュワルベがSUPERGRAVITYのスペシャルサイトを公開!

シュワルベが掲げる次世代MTBタイヤカテゴリーであるhttp://www.schwalbe.com/supergravity/en/#&panel1-2" target="_blank">【「SUPERGRAVITY/スーパーグラヴィティ」】は、
競技用ダウンヒルタイヤに求められる基本性能はそのままに、軽さを追求したシリーズです。

これまでこの技術を採用したタイヤはHANS DANPFのみでしたが、さらに技術を進化させて、
「HANS DANPF」、「DIRTY DAN」、そして新たに「MAGIC MARY」、「ROCK RAZOR」を加えた4モデルで構成。
これは近年の高速化・テクニカル化しているダウンヒルシーンの要求に応えることと、
近年ヨーロッパで盛り上がりを見せるエンデューロ競技を視野に入れての製品開発です。

このシリーズを開発するにあたって、「MS-Mondraker」、「SCOTT11」、「DEVINCI」などの世界に名だたるチームや
「Danny Hart」、「Emmeline Ragot」、「Stevie Smith」、「Sam Hill」といった世界のトップライダーの意見を集約。
そのなかでも、2012年ノルウェーのハーフィエルで行われたダウンヒルワールドカップ最終戦でMAGIC MARYを使用して
優勝をおさめたStevie Smithは「明確にハンドリングレスポンスが向上している」と語っています。
すでにワールドクラスのライダーやバイクメーカーに、これらのタイヤを提供しており、
ダウンヒル世界選手権・エンデューロワールドシリーズの首位チームの多くは、このタイヤで好成績を出しつつあります。


技術的な特徴は、トレッド6層・サイド4層であった従来のダブルカーカス構造を、
トレッド2層・サイド4層とスリム化したにもかかわらず、強靱な耐カット性能とタイヤサイドの剛性を維持し、
前後輪で700グラム(!)もの軽量化を実現したことにあります。
それを可能にしたのが、タイヤサイドの補強材であった”SNAKESKIN”層をトレッド面までタイヤ全周をくるむように
配置した”TURN-UP METHOD”と呼ばれる製法。
これはオートバイタイヤの技術をMTBタイヤに応用することで考え出されたもので、現在特許申請中。
二輪車専門のタイヤメーカーであるシュワルベならではの技術革新と言えます。
シュワルベのタイヤ開発者によれば、「タイヤサイドは非常に強靭だがトレッド面はしなやか。
これはあらゆる路面状況にダイナミックに順応する、MTBタイヤの新しいカテゴリーを創出した。」とのこと。

このシリーズの日本での販売は来季からを予定しておりますが、今後も進化するタイヤの開発の動向や
マウンテンバイクシーンから、ますます目が離せませんね!

2013年06月03日

ブランドニュース

To Germany and Back - Tanja on a Mission

皆様こんにちは。貿易部のタンヤです。私は5月にドイツのミュンヘンで行われた
『GORE BIKE WEAR®』と『evoc』のセールスミーティングに参加してきました。
目的は、半期の結果報告と日本の市場を伝えること。また来期の商品ラインナップの説明を受けることにあります。
ドイツは私の故郷で、久々の文化に触れたことで、時折懐かしさに浸りましたがそこはお仕事…。
気持ちを切り替えて、まずは重要なミッションをやりとげることに専念しました!

GORE BIKE WEAR®のミーティングでは、いつもメールや電話で連絡を取り合っている担当者と久々の再開をし、
全体の結果報告や、時に個別の商談で日本固有の状況をお伝えしました。
GORE®の方々は、私たちパートナーを家族のように想っており、日本の報告をしっかり聞きこんで理解していた様子です。
この姿勢には感激で、高いサイクル・パッションを感じると同時に、
さらなる交流や情報交換で繋がりもっと深くなるのではと期待を感じました。
ミーティングの結果から、私は今後のためのスムーズなコラボレーション基盤ができたのではないかと感じています。
来期の商品特徴もしっかり把握しましたので、皆様にわかりやすくご紹介できるよういたしますね。
どうぞ、今後のGORE BIKE WEAR®にもご期待ください!

次に『evoc』のミーティングに参加しました。
まずは、日本のユーザー様からご要望いただいた事案を報告し相談するところからスタートです。
こういったミッションは、先方と向き合わないと分かり合えないことが多いため、細かく丁寧にお伝えすることに専念しました。
結果、たくさんの情報交換ができ有意義なミーティングとなりました!
新作紹介では、開発中の商品を拝見し、創造的で機能的な商品を目にし『これは良い!!』と感覚的に反応!
日本のスタッフにもメールで報告したところ、社内でも話題になっていたようです!
今すぐお披露目はできませんが、正式発表となったらご紹介させていただきますので、楽しみにしていてくださいね!

これにてサプライヤーとのミーティングが終了となりましたが、この後ラッキーな出来事に遭遇。
「EGO-KIT」という自転車に付けるモーターを開発されているEGO社の社長とご挨拶する機会がありました。
折角なので「EGO-KIT」を体験させていただける とのことで、ミュンヘン市のイザール川沿いを走ることとなりました。
モーター付の自転車に乗るのは初めてで、最初は不安でしたが
5分くらい走ると慣れてきて、楽しくて、このまま自転車を返したくないような、そんな気持ちになりました!

約1週間のドイツ滞在でしたが、様々な方とお話したこと、また体験したことで、
ドイツのサイクル文化を心と身体で感じることができました。
また、実家にも帰って家族や友人と会えたので、気分もリフレッシュしましたよ!

今回の経験から得たサプライヤーとの関係を継続して、
さらに皆様の期待に応えらるより良い活動をしていきたいと思います。

Mission accomplished! Talk to you again soon〜
貿易部 / タンヤ

  • GORE®の方々と会食
  • evocのミーティングにて
  • EGO-KITを体感1
  • EGO-KITを体感2