PICK UP PRODUCTS おすすめ商品

最新の記事
テーマ
月別

2013年10月18日

メディア掲載情報

mamagirl
http://www.mama-girl.jp/

vol.4 P181ページの『ママチャリカスタムの世界』コーナーに、ORTLIEBパニアバッグをご紹介頂いています。

2013年10月18日

メディア掲載情報

BiCYCLECLUB
http://www.ei-publishing.co.jp/bicycle/

11月号P200の『PARTS&ACCESSORY』コーナーに、EVOC バイクカバーをはじめ多くの商品をご紹介頂いています。

2013年09月27日

ブランドニュース

2014年サイクル用品新作展示会 -東京-

9月24日・25日に東京・青山にて「2014年サイクル用品新作展示会」を開催し、
商品をお取り扱いいただく多くのショップ様にご来場いただきました。
お越しいただいた方々にはこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。

さて、各メーカーが翌年に発売する新商品は、毎年8月にドイツで行われる
EUROBIKE SHOWで発表されますが、その情報をいち早く日本国内のショップ様に
お伝えするのがこの展示会の目的です。
EUROBIKE AWARDを受賞した商品をはじめ、
各ブランドがそれぞれの持ち味を生かした、魅力あふれる製品が多く、
展示方法にもこだわって工夫を凝らしています。
ご来場された方々は、気になる新製品を手にとられて質感を確かめたり、
スペック等をご質問されたりと、ほとばしるような熱気を感じ、
ご案内する私たちも説明に力がこもりました。

なお一般のユーザーの皆様には11月2日(土)から幕張メッセで行われる
http://www.cyclemode.net/" target="_blank">「CYCLE MODE International 2013」にて、新製品の数々をお披露目する予定です。
皆様にご紹介できるのを心待ちにしておりますので、
会場にお越しの際は、ぜひ弊社ブースにもお越しください。

  • 魅力ある商品が目白押しの会場内
  • 広いスペースを有意義に…ブランド什器もご紹介

2013年09月09日

ブランドニュース

EUROBIKE2013 レポート : Philipp / Sales & Marketing

セールス&マーケティングのフィリップです。先週ドイツで開催されたEurobikeに行ってきましたのでご報告いたします。
実は私は2年前にも一般来場者としてEurobikeに行った事がありますが、今回は業界関係者としてこの展示会に行く事を大変楽しみにしていました。今回の目的は、取引先の新商品の情報収集とミーティングに参加するためです。

会場に入ると、想像していた通り来場者がとても多かったです。今回で22回目の開催になるEurobikeは、毎年ドイツ南部のフリードリヒスハーフェン(105,000平方メートル)で開催される世界最大の自転車展示会です。出展社は1280社(前年比2%増)、出店国は54か国(前年比10%増)と着実に大きくなってきました。業界関係の来場者は45,200人(前年比3%増)となり、111か国の関係者が訪れた事になります。

今年は初めてドイツの女性連邦首相メルケル氏が、次のように開会の辞を行いました。交通モビリティコンセプト(都市部における移動手段の骨子)は政治的な重要性も含んでいます。ドイツでは年間400万台の自転車が販売され、売上的には10億ユーロに達します(2012年)。その影響で観光分野も含め自転車業界の就業者が増えていますが、実際のモビリティ率(実質稼働率)を見ると10パーセントとなっています。このような動きはヨーロッパの都市だけでなくロンドン・パリをはじめニューヨークや東京でも見られ、駐輪場や自転車専用道路の設置が行われています。メルケル首相も学生時代に自転車で通学していた事にも触れ、3-5キロの距離なら車ではなく自転車を選ぶほうが現実的だと強調しました。また、自転車のほうが早く目的地に到着できる事や健康増進にも寄与する事が明確ですし、自由で自然に触れられるのも特筆すべき点です。そのような背景のもとEurobikeが2つのドイツで重要な展示会Cebit(ITの展示会)や自動車ショーと同じレベルに達した事を表明しました。余談として、”自転車は独創力にも有効で、アインシュタインは相対性理論を自転車に乗っているとき時に発見したそうです”とのことでした。

さて、自転車は車と同じ道路を走るので、お互い譲り合いの精神が必要になりますが、自転車先進国のドイツではその事が徹底されており、自転車が関係した交通事故が年々減少しています。Eurobikeにおいても「安全性」をテーマにしたブースや製品の紹介が多かったように感じました。その一例としてOrtliebのHigh VisibilityシリーズがEurobike賞(ゴールド)を受賞した事は、安全への関心の高さを表しており、このことはどの国においても重要なことではないでしょうか。

また、ヨーロッパのトレンドとしてMTBがとても盛り上がっていると感じました。これまでのスタンダードなフレーム形状ではなく、それぞれが面白い形状のものが数多く展示されており、来場者の関心を集めていました。来年は27.5インチタイヤが大きなムーブメントになって世界に伝播するといわれていますが、車体メーカーの製品群を見て、その意気込みを感じました。

私自身は普段ロードレーサーに乗っているので、その分野に関する展示を興味深く観覧しました。なかでもMTBで普及しているディスクブレーキがロードバイクにも搭載されるというトレンドを実際にこの目で確認できたのは、大きな驚きとともに大きな収穫です。そのほか、プロ選手がレースに使用していた競技用自転車を見たり、その車体に触れたりできてとても刺激になりました。そして、個人的なハイライトはSCHWALBE ONEタイヤを装着して活躍する、RadioShack Leopard TREKのJens Voigt選手と言葉を交わすことができ、一緒に写真を撮れたことです。

開催期間中は、忙しかったですがとても充実した時間を過ごすことができました。
日本の皆様に、取扱いブランドの新製品を通してヨーロッパのテイストをお伝えできればと思います。

  • 会場は広く、目的のブースまで15分近く歩くこともあります
  • メルケル首相が開式の辞を行いました
  • 街乗り用自転車の数々
  • MTBのフレームは面白い形が多い
  • 憧れの選手のロードバイクも見ることができました
  • Jens Voigt選手(写真左)と会えて大感激のフィリップ!(写真右)

2013年09月09日

ブランドニュース

EUROBIKE2013 レポート : Tanja / Sales & Marketing

皆さまこんにちは。セールス&マーケティングのタンヤです。
私は8月末より弊社のスタッフ3人で、ドイツのフリードリッヒスハーフェンで行われたEUROBIKE2013へ行ってきました。
EUROBIKEはINTERBIKEと並んで世界最大自転車展示会の一つで、沢山の自転車愛好家に支持され、1991年以来毎年8月に開催しています。
今年は54国から1280社が出展し、111の国から45,200人が来場しました。

私たちが参加したのは会期5日間のうち3日間で、ホテルから会場までは毎日シャトルバスでの移動となります。
その時間帯は渋滞も多くスムーズには向かえませんが、それを避けるように自転車で会場に向かう方が沢山いたのにびっくり!
また、会場付近はホテルが少なく予約を取るのも大変なので、付近でキャンプをしている方も沢山いらっしゃいました。
展示会でキャンプ…日本ではあまり考えられませんね…。

さてさて会場はというと、さすがは世界の自転車ショー。
私が今まで見たこともない自転車やアイテムが沢山で、スポーツだけでなくファッションやライフスタイルとしての位置付けを改めて実感。
圧倒的な迫力のある雰囲気に見とれてしまいそうになりましたが、
各ブランドとのミーティング予定も沢山入っていたので、ビジネスに切り替えて会場を回りました 。
期間中は本当にタイトなスケージュルで、各ブランドの新作情報収集から始まり、それに至った開発コンセプト、
どのような方に使っていただきたいのか、今後どのような展開を考えているのか、ヨーロッパにおけるトレンドは何なのか…など
限られた時間で、引き出す要素は盛り沢山…。要点を絞って15社とのミーティングを行いました。
すべてにおいて曖昧にすると日本の皆様に正しくご紹介できないので、本当に気が引き締まります…。

ミーティングが終わるとサプライヤーとの食事会。皆さん本当に楽しい方が多くて話しも盛り上がり、
アットホームな雰囲気の食事会となりました。
自転車を通じた人との繋がり…。忙しい日程でしたが、こういったことを考えるとやはり仕事は楽しいですね。
今回は残念ながらレンタサイクルや短距離ツァーなど、自転車を体感するイベントには参加できませんでしたが、
私が知らなかった自転車の世界を沢山見れたことは本当に良い経験となりました。

ヨーロッパにおいてもエコやヘルシーブームの関係で、人々の関心が自動車から自転車に移り変わっているようです。
E-BIKEはとくに各ブースでもインパクトが強く、将来的に日本でも広がるのかなぁと、考えさせられる場面もありました。
また他には、フィトネスのために使える自転車や、自転車をファッションアクセサリーと捉えたアイテムなど
様々な素晴らしいアイテムがありました。

私にとってEUROBIKEは冒険のようで、たくさん学ぶことがありました。
自転車をもっと知って、楽しんで、皆さんに素晴らしいアイテムをご紹介していきたいと思います。

  • バスからの景色
  • 駅でレンタルできる自転車
  • EUROBIKEのショースペース
  • ヘルマンズ社の担当者と(中央:タンヤ、写真左:野崎部長)
  • フィットネス用自転車の一つ
  • 近い将来、欧州では自転車は自動車の代わりとなる…
  •     自転車のチェーン を使ったファションアクセサリー      沢山のカラーバリエーションがありました。
  •            ディナークルーズ              (写真左:タンヤ、左から2番目:フィリップ、写真右:野崎部長)

2013年09月02日

サイト更新情報

evocの動画を2本追加しました!
http://www.g-style.ne.jp/brand_movie.php?brand_id=27

「BIKE TRAVEL BAG」と「FR TRAIL // 20l」の動画です。商品ごとのこだわりや多機能ポケットをご紹介しております。

2013年08月28日

メディア掲載情報

Lips[リップス]
http://lipsmagazine.jp/

10月号P157ページの『サイクリングで全身シェイプ!』コーナーに、RIXEN&KAUL バイクバスケットをご紹介頂いています。

2013年08月27日

メディア掲載情報

BiCYCLECLUB
http://www.ei-publishing.co.jp/bicycle/

10月号P208ページの『GIANT PRESS CAMP @ Park City , UTAH』コーナーに、SCHWALBE 各種MTBタイヤをご紹介頂いています。

2013年08月27日

メディア掲載情報

CYCLE SPORTS
http://www.cyclesports.jp/

10月号P68ページの『はじめようブルべ!!』コーナーに、ORTLIEB サドルバッグ・RIXEN&KAUL コントアーマグナムをご紹介いただいています。

2013年08月27日

メディア掲載情報

FUNRIDE
http://funride.jp/renewal/index.shtml

10月号P49「輪行ツーリングにはこのバックパックがちょうどイイ」コーナーにてevocのCC16Lをご紹介頂いています。